アントシアニジン、エース、エコナクッキングオイル、エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイル...

アントシアニジンとは?

アントシアニジンというのは、
紫色の色素部分で、
ポリフェノールの一種であるアントシアニンの構成要素です。

 

アントシアニジンに糖が付くと、アントシアニンになります。

アントシアニジンにはどのようなものがありますか?

アントシアニジンには、次のようなものがあります。

 

■シアニジン 
■ペラルゴニジン 
■ペチュニジン
■デルフィニジン 
■ペオニジン 
■マルビジン...など

 

これらに、グルコースやラクトース、アラビノースなどの糖が付きます。

エースとは?

エースというのは、清涼飲料水のことですが、
厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品名です。

 

ちなみに、
「バリルチロシンを含むサーデンペプチドを配合し、血圧が高めの方に適する」
といった内容の表示許可を取得しています。

 

なお、エースは、明治乳業が商品化しています。

 

スポンサーリンク

エコナクッキングオイルとは?

エコナクッキングオイルというのは、
花王が商品化している食用油のブランドで、

 

厚生労働大臣が食品の保健機能表示を許可する
トクホ(特定保健用食品)の商品です。

 

ちなみに、取得した表示許可内容な次のようなものです。

 

⇒ 「ジアシルグリセロールを主成分としているので他の食用油と比較して、
   食後の血中中性脂肪が上昇しにくく、しかも体に脂肪がつきにくいのが特徴」

 

なお、この油を配合したエコナマヨネーズタイプもトクホです。

エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイルは?

エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイルは、
さらに、植物ステロール(β-シトステロール)を配合し、
次のような内容の表示許可を取得しています。

 

⇒ 「血中コレステロール、特にLDLコレステロールを下げるのが特徴です。
   健康維持にはもちろん、コレステロールや中性脂肪が高めの方、
   肥満気味の方におすすめ」

 

スポンサーリンク