鉄(Fe)の成分・効能・過剰摂取...

鉄(Fe)の特徴は?

鉄には、次のような特徴があります。

 

■過剰の鉄は好ましくないため、必要以上には摂取しない。

 

■月経のある年代の女性では、鉄欠乏性貧血の予防や改善のために利用する。

 

■赤血球のヘモグロビンを構成する因子であり、酸素の運搬を行う。

鉄の成分は?

成人の体内での鉄貯蔵量は、
男性で4〜5g、女性でその70%ほどといわれており、

 

鉄の多くは、赤血球中のヘモグロビン(血色素)中に
ヘム鉄(機能鉄)として存在します。

 

また、一般に、鉄は吸収効率が悪いので、
月経の出血で鉄が失われる女性では、
鉄が不足しないように注意が必要になります。

鉄の過剰摂取に注意

過剰の鉄分は
活性酸素による障害と相関することが知られており、
必要以上の摂取は好ましくないとされています。

 

なお、一般に、男性や閉経後の女性では、
鉄が不足することは少ないといわれています。

 

スポンサーリンク

鉄にはどのような効能がありますか?

鉄に期待されるのは、次のような効能です。

 

■鉄欠乏の小児に見られる高次機能障害の改善
■鉄欠乏性貧血の予防と改善
■腎不全患者における造血因子製剤の効果促進

鉄の機能は?

鉄は、赤血球中のヘモグロビンを構成する因子であり、
酸素を運搬する機能を持っています。

 

また、鉄の一部は、
筋肉中にミオグロビンとして存在し、

 

筋肉における酸素の運搬や、
体内の酸化・還元反応に関与しています。

鉄はどのような点に注意が必要ですか?

鉄は、通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

ただし、一般に、鉄の安全性は高いのですが、
高用量を摂取するときに、
稀に胃腸障害などを生じるおそれがあります。

 

また、過剰の鉄は好ましくありませんので、
必要以上には摂取しないようにしたいところです。

 

なお、一部の医薬品との相互作用を示唆するデータがありますので、
何らかの医薬品を併用する場合には、
主治医に相談の上で利用するようにしてください。

 

スポンサーリンク

鉄の安全性は?

鉄は、これまでに数多くの研究が行われていて、
その効果と安全性は確認されています。

鉄の摂り方は?

次のような場合には、目安量に従って鉄を摂取します。

 

■鉄欠乏に伴う症状が認められる場合

 

■月経のある年代の女性において鉄欠乏性貧血の
 予防・改善を目的とする場合

 

なお、食品に含まれるビタミンやミネラル、タンニン酸などの成分が、
鉄の吸収効率に影響を与えるというデータが知られています。

 

なので、もし鉄欠乏に伴う病態が改善しない場合には、
それらの成分による影響も考慮して
摂取方法にも注意する必要があります。

 

スポンサーリンク