グルコサミンのサプリメント、効果...

グルコサミンにはどのような特徴がありますか?

グルコサミンには、次のような特徴があります。

 

■コンドロイチンと併用されることも多いです。
■ムコ多糖類の一種で、関節軟骨などの構成部分です。
■変形性関節症や関節炎などにおいて関節軟骨を修復します。

グルコサミンにはどのような効能がありますか?

グルコサミンに期待されるのは、次のような効能です。

 

■関節軟骨の保護作用
■変形性関節症や関節炎に伴う症状の予防や改善
■関節軟骨の障害を回復させる作用

グルコサミンとはどのようなサプリメントですか?

グルコサミンというのは、
軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種で、
変形性関節症など関節炎に伴う症状に効果的です。

 

また、グルコサミンは、
コンドロイチンと併用されることも多いです。

 

なお、欧米や日本で行われた数多くの臨床試験により、
関節炎や関節症の痛みを軽減し、
関節の可動性を改善することが確認されています。

 

スポンサーリンク

グルコサミンの効果は?

グルコサミンの効果は、
一般的な非ステロイド系抗炎症剤と同等以上であり、

 

傷害された軟骨を修復して再生を促すというメカニズムを考えますと、
単なる痛み止めの医薬品の服用よりは、適切な治療法といえそうです。

グルコサミンの作用は?

グルコサミンというのは、
一般名を「2-アミノ-2-デオキシグルコース」という、

 

グリコサミノグリカンと総称される分子の主要成分であり、
各組織の柔軟性や弾力性に寄与しています。

 

代表的なグリコサミノグリカンとしては、
ヒアルロン酸やコンドロイチンなどがあります。

 

また、グルコサミンは、ヘキソサミンの一種であり、
代表的なアミノ糖として、結合組織や関節軟骨に分布します。

グルコサミンの経口摂取について

グルコサミンをサプリメントとして経口摂取すると、
消化管から吸収され、
関節軟骨などの成分として利用されます。

 

スポンサーリンク

グルコサミンの臨床試験について

変形性膝関節症など関節障害の患者に対して、
グルコサミンを経口で投与することによる改善効果が、
次のような数多くの臨床試験で示されています。

 

■2000年に『米国医師会ジャーナル』に報告された論文においては、
 それまでに行われた15の臨床試験を検証した結果、グルコサミンの
 関節炎に対する効果を認めています。

 

■2001年にイギリスの医学ジャーナル『ランセット』に発表された研究においては、
 212人の変形性関節症患者に、1500rのグルコサミンが3年間投与され、
 効果が確認されています。

 

■日本人を対象にした臨床試験においても、グルコサミン単独、
 またはコンドロイチンとの併用によって、関節症に対する効果を認めた
 という研究が数多く報告されています。

グルコサミンの摂り方は?

グルコサミンは、1日あたり1000〜1500rを服用しますが、
一般に、短期間では効果が期待できませんので、
継続して利用するようにします。

グルコサミンはどのような点に注意が必要ですか?

グルコサミンを摂取すると、
胸やけや下痢といった胃腸障害が現れることがありますので、

 

こういった症状が見られましたら、
量を減らすか、使用を見合わせるようにしてください。

 

一般的には、通常の食材に近い成分なので、
これまでの臨床試験においても、

 

特に問題となる健康被害や副作用、
過剰症は知られていません。

 

また、他のサプリメントや医薬品との相互作用については
報告されていませんので、併用は問題ないと思われます。

 

なお、一般に、サプリメントの経口摂取では問題ないと思われますが、
静脈に直接投与した研究では、
糖代謝に影響を及ぼすことが示されていますので、

 

糖尿病中で治療中の場合には、
念のため、主治医に相談の上で使用するようにしてください。

 

スポンサーリンク