クロレラのサプリメント・有効成分・抗酸化作用...

クロレラにはどのような特徴がありますか?

クロレラには、次のような特徴があります。

 

■ビタミン類やミネラル類、葉緑素、脂質も豊富です。
■淡水産の藻類の一種であり、様々な栄養素が豊富です。
■タンパク質やアミノ酸の割合が多いです。

クロレラにはどのような効能がありますか?

クロレラに期待されるのは、次のような効能です。

 

■糖尿病の予防効果 
■高脂血症や高血圧の改善作用
■抗酸化作用 
■各種栄養素の補給

クロレラとはどのようなサプリメントですか?

クロレラは、淡水産の藻の一種であり、
次のような栄養素が豊富に含まれており、
また、抗酸化作用のある葉緑素も多いです。

 

■タンパク質 
■アミノ酸 
■ビタミン類 
■ミネラル類

 

スポンサーリンク

クロレラの利用について

現在、食用クロレラとして特定の種類が培養されています。

 

なお、クロレラは、比較的安全性が高く、
様々な病態の予防や改善に利用されてきましたが、
臨床試験はまだ十分ではありません。

クロレラの有効成分は?

クロレラには、タンパク質やアミノ酸、ビタミン類、
ミネラル類が豊富に含まれていますが、

 

クロレラが主食になるわけではありませんので、
栄養素が豊富といっても供給源としては限られています。

 

また、クロレラは、
ビタミンB群も豊富ですが、

 

クロレラのビタミンB12は、
ヒトでは利用されない不活性型が主です。

 

なお、クロレラは、培養方法や採取法、
製造方法の違いによって栄養素の含有量に差が生じます。

クロレラの抗酸化作用について

クロレラは藻の一種であることから、
葉緑素(クロロフィル)も豊富に含まれています。

 

この葉緑素には抗酸化作用がありますので、
生活習慣病の予防効果も期待できます。

 

スポンサーリンク

クロレラの基礎研究について

クロレラは、
栄養補給源としては優れた作用をもっているのですが、

 

特定の症状や疾患に対する効果は
明らかにはなっていません。

 

基礎研究では、次のような作用が認められています。

 

■抗ウイルス作用 
■抗ガン作用 
■免疫賦活作用 
■糖尿病予防作用

 

なお、例えば、クロレラは、
免疫担当細胞の1つである
マクロファージの活性を高める作用があるほか、

 

クロレラの細胞壁の成分が、
インターフェロンの産生を促進するという基礎データもあります。

 

しかしながら、これらの作用が
ヒトの体内でも認められるのかどうかについては明らかになっていません。

クロレラの効果はサプリメントとの併用で

一般に、特定の病気や症状の改善を目的として行われた
臨床試験では、

 

クロレラ単体ではなく、
他のサプリメントとの併用で効果が見られたというケースが多いです。

 

具体的には、次のようなケースです。

 

■DHAを取り込ませたクロレラ摂取による高脂血症の改善
■γ-アミノ酪酸(GABA)含有クロレラによる高血圧の改善...など

 

また、繊維筋痛症患者に対して2か月間服用した結果、
痛みなどの症状が改善したという報告があります。

 

なお、腫瘍に対しての効果を示唆するデータもありますが、
結論は得られていません。

クロレラの摂り方は?

クロレラには、
特に定められた摂取量というものはありません。

 

なお、クロレラの有効成分の持つ抗酸化作用などにより
生活習慣病の予防や改善を目的とする場合には、

 

短期間では効果が期待できませんので、
継続して利用するようにしたいところです。

クロレラはどのような点に注意が必要ですか?

クロレラは、通常の食材に近い成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

ただし、悪心や嘔吐、下痢などは報告されているほか、
稀にアレルギー症状や過敏症、肝障害が認められます。

 

また、メーカーによる製品の差や、
個人の体質による症状もあると思われます。

 

なお、ビタミンKが豊富に含まれていることから、
抗凝固剤であるワーファリンの作用を
減弱させる可能性が指摘されていますので、

 

医薬品を服用中の場合には、
主治医に相談するようにしてください。

 

スポンサーリンク