カテキンの有効成分・サプリメント、エピガロカテキンガレート(EGCG)の機能...

カテキンにはどのような特徴がありますか?

カテキンには、次のような特徴があります。

 

■抗ガン作用、抗酸化作用など多彩な効果が報告されています。

 

■緑茶に含まれているポリフェノールの一種です。

 

■内臓脂肪と皮下脂肪の減少、高脂血症の改善が示されました。

カテキンにはどのような効能がありますか?

カテキンに期待されるのは、次のような効能です。

 

■抗ガン作用(食道ガン、胃ガン、膵臓ガン、膀胱ガン...など)
■口内炎予防作用 
■高脂血症改善作用 
■抗肥満作用
■脂質過酸化抑制作用 
■胃粘膜保護作用 
■抗酸化作用

カテキンの有効成分は?

緑茶のカテキン類には、次のようなものがあります。

 

■エピカテキン(EC) 
■ガロカテキンガレート(GCG)
■エピガロカテキン(EGC) 
■エピガロカテキンガレート(EGCG)...など

 

なお、特にEGCGが重要です。

 

スポンサーリンク

カテキンのサプリメントはどのようなものですか?

カテキンというのは、緑茶に含まれているファイトケミカルであり、
ポリフェノール類に属します。

 

このカテキンは、
ガンなど生活習慣病への効果が期待されています。

エピガロカテキンガレート(EGCG)の機能は?

EGCGの作用メカニズムとしては、
次のような作用による抗ガン効果が示されています。

 

■ガン細胞の増殖を抑えアポトーシス(細胞死)を誘導する。
■腫瘍細胞への栄養血管となる血管新生を抑制する。

 

また、いくつかのガン細胞において、
DNA複製を阻害するというデータもあります。

カテキンの動物実験での報告について

動物実験では、緑茶抽出物が、
紫外線による酸化的ストレスに伴う皮膚の障害を
少なくすることが示されてます。

 

そのほか、次のような作用も報告されています。

 

■胃粘膜保護作用 
■急性胃潰瘍改善作用 
■脂質過酸化抑制作用
■放射線障害抑制作用...など

 

スポンサーリンク

緑茶の抗酸化作用とは?

緑茶には、抗酸化作用が認められます。

 

このメカニズムの詳細については不明ですが、
フラボノイド類やカテキン類が共同して働くことによって、
酸化的ストレスに伴う障害を防ぐと考えられています。

 

また、カテキン以外の緑茶の有効成分がもつ効果としては、
次のようなものが知られています。

 

■タンニン類による抗菌作用や整腸作用
■フラボノイド類によるLDL(悪玉)コレステロール酸化抑制作用...など

 

なお、カテキンは、短期間では効果が期待できませんので、
継続して利用するようにします。

緑茶の疫学調査のデータについて

緑茶の抗ガン作用については、
これまでに多くの疫学調査のデータが報告されてきています。

 

具体的には、緑茶の摂取量が多いほど、
ガンの発生率が低いという調査結果で、
例えば、緑茶の摂取による次のような効果です。

 

■乳ガン再発予防効果 
■卵巣ガン予防効果 
■胃ガン予防効果...など

緑茶の胃ガン予防効果について

緑茶の摂取が多いほど胃ガンが少ないという研究結果は、
静岡県での疫学調査や、中国各地で行われた調査により示されてきました。

 

ただし、緑茶による胃ガン予防効果を
認めなかったとする報告もあります。

 

なので、緑茶の抗ガン作用については、
さらに研究が必要といえそうです。

カテキンの肥満や高脂血症に対する効果は?

最近、緑茶カテキンの抗肥満効果が報告されています。

 

具体的には、男女80人の肥満者を対象にした臨床試験では、
1日あたり588rのカテキンが12週間投与された結果、
体重や体脂肪量が有意に低下したということです。

 

また、このとき、男性では内臓脂肪、
女性では皮下脂肪が減少したそうです。

 

なお、それ以外にも、花王の研究グループから、
健常者や肥満者を対象にした研究で、
肥満や高脂血症に対する効果が報告されています。

 

なお、カテキンは、通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

なお、緑茶の摂取に伴う症状として、
胃腸障害や不眠などがありますが、
これらは、いずれもカテキンによるものではなく、カフェインの作用です。

 

通常、緑茶1杯には10〜80rのカフェインが含まれており、
交感神経系の機能を高める作用を示します。

 

よって、カフェインを除いた緑茶を飲むか、
サプリメントを利用するとよいと思われます。

 

それから、緑茶に含まれるタンニン類は、
鉄分の吸収を阻害します。

 

ただし、鉄分のサプリメントや医薬品については、
タンニン類の影響を受けない製品が一般的になっています。

 

スポンサーリンク