ガルシニアの効能・サプリメント...

ガルシニアにはどのような特徴がありますか?

ガルシニアには、次のような特徴があります。

 

■脂肪の合成を抑制し、肥満を予防します。

 

■空腹感を抑え、食欲を調節することによって減量を促します。

 

■コレステロールの合成を抑え、脂質代謝を改善します。

ガルシニアにはどのような効能がありますか?

ガルシニアに期待されるのは、次のような効能です。

 

■脂肪の合成抑制 
■空腹感の抑制 
■抗肥満作用

ガルシニアのサプリメントとはどのようなものですか?

ガルシニアというのは、
東南アジアから南アジアに自生する、
ガルシニア・カンボジアという柑橘類に由来するサプリメントです。

 

また、果実に含まれる
ヒドロキシクエン酸(HCA)という成分には、

 

食欲を調整し、
脂肪の合成を抑制する働きがあることから、
ダイエットの目的で用いられます。

 

スポンサーリンク

ガルシニアの摂り方は?

減量(ダイエット)するには、
適切な食生活と運動習慣が基本となります。

 

ガルシニアの摂取については、
ライフスタイルを見直した上で、
1日あたり1000r程度を食前に服用するようにします。

ガルシニアの機能は?

摂取した食物のうち、余った栄養分というのは、
中性脂肪として脂肪細胞や肝臓に蓄えられるのですが、

 

ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸(HCA)は、
脂肪酸の合成を抑制することから、
余分な脂肪がたまるのを予防します。

 

具体的には、米やパン、麺類など
炭水化物を多く摂取するときに、

 

炭水化物はピルビン酸に分解されますが、
このピルビン酸は、細胞の中で代謝を受け、
脂質やコレステロールの合成にも利用されます。

 

また、ヒドロキシクエン酸(HCA)は、
細胞内に存在するクエン酸開裂酵素の働きを抑え、
脂肪酸やコレステロールの合成を減少させます。

 

ちなみに、次のようなあらゆる種類の脂質の合成が、
ヒドロキシクエン酸(HCA)によって
抑制されることが示されています。

 

■コレステロール 
■トリアシルグリセロール 
■ジアシルグリセロール...など

ガルシニアの臨床試験について

1998年のまとめでは、7つの臨床報告のうち5つにおいて、
次のような減量効果が認められています。

 

■50人の肥満者を対象にした研究では、ガルシニア、カフェイン、クロム
 を含むサプリメントが投与され、体重が減少しています。また、ガルシニアと
 クロムを併用した別の研究においても効果が示されています。

 

■動物実験で、ヒドロキシクエン酸(HCA)によって脂質代謝が改善し、
 脂肪が減少することが示されてます。また、ヒドロキシクエン酸(HCA)が
 食欲を抑制するメカニズムに関しても、詳細に検討されています。

 

なお、1998年に報告された臨床試験では、
ヒドロキシクエン酸(HCA)の減量効果が認められませんでした。

 

しかしながら、その研究では、
ヒドロキシクエン酸(HCA)のよる食欲抑制効果が評価できないなど、
実験方法に問題のあることが指摘されています。

 

スポンサーリンク

ガルシニアはどのような点に注意が必要ですか?

ガルシニアは、通常の食材に由来する成分なので、
特に問題となる健康被害や副作用は知られていません。

 

また、他のサプリメントや医薬品との相互作用については
報告されていませんので、併用は問題ないと思われます。

精巣の障害について

日本で行われたある動物実験では、
ガルシニア投与による精巣の障害が報告されています。

 

ただし、一般的なサプリメントの10倍量を
1年間投与し続けた動物実験であることから、
ヒトにおける通常の使用が問題になるとは考えにくいです。

ガルシニアの毒性について

2002年に米国から報告された
動物実験では毒性が検証されましたが、
それによれば安全性に問題はないということです。

 

また、ファンケルによる研究では、
健常被験者44名に、
ガルシニアの有効成分であるヒドロキシクエン酸(HCA)を
4000r投与しても副作用は認められなかったそうです。

 

さらに、ヒドロキシクエン酸(HCA)300rを
10日間投与した連続高用量投与試験においても、
問題は認められなかったということです。

 

スポンサーリンク